サポート情報

HOME > サポート情報 > ストリーミング 知っておきたい専門用語【か行】

ストリーミング 知っておきたい専門用語


ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ

可変ビットレート

映像の内容に合わせて、ビットレートを可変してエンコードする手法。
VBRバリアブルビットレートとも呼びます。
通常はダウンロード配信などのローカル再生で利用します。
ストリーミングサーバーからの配信の場合、再生時には同時にデータの通信が発生しているため、可変したビットレートが視聴者の通信環境の速度を超えた場合、正常な再生品質を維持できない場合があるため、ストリーミング配信ではあまり使われません。ストリーミング配信で利用する場合は若干のエンコード技術を要する。

画面サイズ

コンテンツの画面サイズのこと。縦横のサイズをピクセルで表します。320×240という場合は、横サイズが320ピクセル、縦サイズが240ピクセルとなります。この場合アスペクト比は4:3となる。
一般的に画面サイズが大きくなるほど映像の再現に必要なデータ量が多くなるため、ビットレートを高くしてエンコードする必要がある。
→画面サイズについて詳しくはこちら

キーID

DRM暗号化時にコンテンツファイルに書き込まれる情報。
暗号化時にランダムな文字列(24文字)が自動生成されます。キーIDは鍵穴として考える事も可能。
同じキーIDで暗号化した複数のファイルは1つのライセンスキーで全て再生する事が可能になります。
外部DB連携プランや自分でパッケージPROではコンテンツの区別に使う事も可能です。
→キーIDについて詳しくはこちら

共有サーバー

1台のサーバーを複数の顧客で利用する為、「共有」と呼ばれます。
共有しているため、膨大なアクセスが発生すると正常な配信が出来なくなる場合がある。

コーデック

映像ファイルを圧縮や展開する方法のこと。英語表記はcodec。
圧縮されたコーデックが入っていないPCでは、そのファイルを展開出来ないため再生できません。WindowsMediaエンコーダ9で元ソースとして利用可能だが、コーデックが入っていないとエンコード処理が行えません。

公開ポイント

サーバー上に設定するお客様別のアクセスポイントのこと。

告知発行

DRMコンテンツの再生開始時に画面がPOPアップするライセンス発行方法のこと。
有効期限などの告知などの他、様々な告知が可能。画面がPOPアップする事をこう呼ぶ為、厳密には認証配信も告知発行となる。ノンサイレント発行とも呼ぶ。
→告知発行について

固定ビットレート

最初から最後まで一定のビットレートでエンコードを行う手法。CBRとも呼ばれる。

コンテンツID

DRM暗号化時にコンテンツファイルに書き込まれる情報。
コンテンツに任意の文字列を書き込む事が可能。外部DB連携プランで商品を区別する為に商品品番を書き込んだりする。コンテンツIDはメディアイメージが直接暗号化を行う場合のみ書き込み可能です。

ページTOP

ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220