サポート情報

HOME > サポート情報 > 画像サイズとビットレートの関係

画像サイズとビットレートの関係

映像配信を行う場合、まず最初に決めるのは見せたい画面サイズをどのくらいの大きさにするかということです。
画面サイズが大きくなるほど、その映像の再現には多くのデータ量が必要になってきます。
画面サイズが小さいほど、データ量は少なくてすみます。

それぞれの画面サイズには最適なデータ量というものがあります。
このページではストリーミング配信で良く使われている画面サイズ別に、最適なビットレートを知ることができます。

ご不明な点はお気軽にお尋ね下さい。

映像画面サイズとビットレート一覧(目安)

名称 画面サイズ ビットレート目安(30fps)
480×360 500〜700Kbps
SD 640×480
640×360
700〜1000Kbps
960×540 1500Kbps前後
HD 1280×720 2000Kbps前後
フルHD 1920×1080 4000Kbps前後


画質テスト用動画を実際に見てみる

640×360(SD) 960×540 1280×720(HD) 1920×1280(フルHD)
300kbps 300kbps 300kbps 300kbps
500kbps 500kbps 500kbps 500kbps
700kbps 700kbps 700kbps 700kbps
1000kbps 1000kbps 1000kbps 1000kbps
1500kbps 1500kbps 1500kbps 1500kbps
2000kbps 2000kbps 2000kbps 2000kbps
3000kbps 3000kbps 3000kbps
4000kbps 4000kbps
5000kbps 5000kbps

目安ビットレートより低い設定にすると、画質はどうなりますか?

動画内で、動きの少ない場面では画質にそれほど問題は出てこないのですが、動画の動きの激しい場面では画面にブロックノイズが発生し、視聴に難が出てくる場合があります。また、目安より極端に低く設定した場合、常にブロックノイズが発生し、視聴に堪えない動画になってしまいます。

講義講演等で、動きの少ない動画の場合、目安よりやや低めのビットレートで配信可能です。
逆に、スポーツやアクション映画等の、動きの激しい動画の場合は、目安より高いビットレートを見積もる必要があります。

結果的に、どれ程の画質で配信するかは配信者様の満足度によるところが大きいかと存じますので、目安ビットレートをご参考に、何度かエンコードをお試し下さい。上記の画質テスト用動画もご参考下さい。

ビットレートを極端に高くすれば画質はよくなるのではないですか?

考えは間違ってはいないのですが、動画の画質維持に無駄なデータを通信することになりますので、回線の部分で無駄なコストが発生します。各映像サイズごとの適切なビットレート設定をおすすめします。

また、どれだけビットレートを高く設定しても、元映像ソースの画質より良くなることはありません。

60fpsの場合、30fpsに比べてビットレートは2倍必要ですか?

動画の中には、動きが少なく、画質維持にそれほどデータ量が必要ではない場面もありますので、ほとんどの場合ビットレートがきっちり2倍必要なケースはありませんが、もちろん30fpsよりも画質維持に多くデータ量が必要ですので、 上記目安よりも高く見積もって頂く必要があります。

また、映像元ソースが30fpsの場合、エンコーダで60fpsに設定してエンコードした場合、必要データ量は30fpsの場合と変わりませんが、30fps設定でのエンコードをお勧めします。
ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220