DRM(デジタル著作権保護)

HOME > サービス > DRM(デジタル著作権保護) > サービスの特徴 〜 自動発行

DRMの基本機能

自動発行

再生開始時にライセンスサーバーからライセンスを自動発行します。
自動発行するため、認証を必要としないコンテンツに最適です。
例えば期間限定コンテンツの公開など、認証は必要ないが、再生期限を決めたい場合や、悪意のある改変からコンテンツを保護したい場合などにご利用いただだいております。
料金について詳しくはこちら

自動発行のイメージ



2つのプランをご用意しました

自分でパッケージ
これからコンテンツ製作及び再エンコードを行う場合はこちらのタイプがおすすめです。
利用できるライセンス内容は1種類のみです。

お客様がご自身でパッケージ出来るように、Windows Mediaエンコーダ9で利用可能なDRMプロファイルを提供します。暗号化できるコンテンツ数に制限はありません。
暗号化したコンテンツの配信は他社レンタルサーバーからでも配信可能です。
その他にもDRMプロファイルを利用し、ライブ中継コンテンツのパッケージも可能です。
DRMプロファイルのみを低コストで提供しているのは弊社だけです。
フリー版でお試しいただけます
自分でパッケージPRO
これからコンテンツ製作及び再エンコードを行う場合で、複数のライセンスが必要な方はこちらのプランがおすすめです。

お客様がご自身でパッケージ出来るように、Windows Mediaエンコーダ9で利用可能なDRMプロファイルを提供します。
暗号化できるコンテンツ数に制限はありません。
暗号化したコンテンツの配信は他社レンタルサーバーからでも配信可能です。
その他にもDRMプロファイルを利用し、ライブ中継コンテンツのパッケージも可能です。
フリー版でお試しいただけます
外部データベース連携
現在お客様がお持ちのDBと連携させるプラン。
DRMサーバー側をカスタマイズ出来ますので、お客様DB側に大きな変更は必要ありません。
データベースと連携する事により、より柔軟なライセンス発行が可能になります。
販売金額などの決済内容により有効期限・期間のライセンス内容を変えたり、商品管理テーブルがあればコンテンツの新作旧作などの区別も可能になります。
様々な運営方法に合わせたカスタマイズが可能です。
料金について詳しくはこちら

このような場合におすすめです

  • 企業CMの動画公開、映画の予告編公開など、IDパスワードでの認証は必要ないが、
    配信する映像コンテンツを保護したい場合。
  • 再生期限を事前に設定して映像配信を行いたい場合。

ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220