HOME > よくある質問 > トラブルシューティング

トラブルシューティング

自分のパソコンでメタファイルをクリックすれば再生できるのですが、ホームページ上でメタファイルへのリンクを張りましたがメタファイル内容が表示されるだけで配信が開始されません。

メタファイルをアップロードしたWEBサーバーのMIMEtype(マイムタイプ・マインタイプ)が設定されていない可能性があります。
WEBサーバー管理者(レンタルしているプロバイダなど)に依頼する必要があります。
WEBサーバーが拡張子wvx wax asx ramをメディアデータだと認識していない場合、症状が発生する可能性があります。
WEBサーバーが.htaccess (エイチティーアクセス)を許可している場合は、ユーザー自身でMIMEタイプの設定が可能です。.htaccessというファイルをWEBサーバーのメタファイルと同じ場所へアップロードするだけです。
.htaccessサンプル
右クリックで保存可能。(ZIP形式)ファイル名 .htaccess (ドットhtaccess)をWEBサーバーへアップロードして使用します。

WEBサーバー管理者用MIMEタイプ設定技術情報 WindowsMedia配信用

よくある質問TOPへ
PAGE TOP

再生時にUDP転送を指定しても配信出来ません。

当社ストリーミング配信サーバーは全てUDP転送機能をOFFしております。
UDPとは簡単に申しますと、メディアプレーヤーまで動画データが正常に届いたかサーバーが確認しない転送方式です。
この場合、プロバイダやネット接続環境によりUDP転送ができない環境の場合、サーバー自体も視聴者にデータが届いたかどうか分からないため、バッファリング0%のままで再生が始まらない症状が起こります。
見ることが出来ない視聴者が出るのを防ぐための措置です。
UDPを使用しない事により配信品質が落ちることはありません。
データの転送が保証されるため、むしろ配信品質が上がります。
よくある質問TOPへ
PAGE TOP

DRMコンテンツの再生やエンコード時にエラーが表示されます。

そのPCのDRMを管理している部分にエラーが発生している場合があります。
DRMのライセンスなどは、とあるフォルダ内で管理されております。
このフォルダは通常は隠しフォルダとなっており、表示されておりません。
DRMのエラーを修正する場合は、そのDRMフォルダを一度削除し、再構築する必要があります。
DRMフォルダの再構築方法をお送り致します。
ほぼこれで解決すると思います。

▼DRMフォルダの再構築方法
視聴PCのDRMシステムが壊れた場合には以下の方法で再構築が可能です。
※今まで他社様等のライセンス許可を必要とするファイルを1つでもご購入されている場合、今までライセンスを受け取っているファイルの「ライセンスキー」が削除されてしまい、番組が視聴できないなどの不具合が出る事があります。
何らかのキーを取得されている場合には、お客様にてバックアップを取るなどの対策をお勧め下さい。
コンテンツ販売者の意向によりライセンスのバックアップ許可があるコンテンツは、バックアップ作業→復元作業が可能ですが、許可していないコンテンツは復元が不可能です。ご注意下さい。

▼WindowsXPの場合のDRM再構築方法
メディアプレーヤーが受け取ったライセンスキーや、DRM暗号化を行う場合のデータなどはDRMフォルダというシステムフォルダに格納されます。
それを削除して作り直すという手順です。
デフォルトでは以下の場所です。
C:\Documents and Settings\All Users\DRM
通常、DRMフォルダは隠しフォルダとなっており、表示させる手順があります。

ファイルエクスプローラで「ツール」→「フォルダオプション」を選択します。
「表示」タブを選び、詳細設定の中から「隠しファイルおよび隠しフォルダを表示しない」から「すべてのファイルとフォルダを表示する」へ選択変更。一番下の「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」のチェックを外す。
※WindowsVistaでは「フォルダオプション」は「コントロールパネル」にあります。

よくある質問TOPへ
PAGE TOP
ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220