サポート情報

HOME > サポート情報 > 初級編〜サービスの選び方

ストリーミングサービスの選び方

まずは配信の形式を選びます

コンテンツを再生するプレーヤーとして現在主流で用いられているのが「Windows Media Player」と「Adobe Flash Player」です。まずはこのどちらの方式で配信するかを決めます。

Windows Media Player

最も普及している配信方法です。
エンコードも公開方法も比較的容易。
DRMによるコンテンツ著作権保護や会員サイトとの連携が可能。
ただし、Macユーザーには少し不利になります。
「手軽に動画配信を行いたい」
「コンテンツの課金販売や認証配信を行いたい」という方には
Windows Media Playerがおすすめです
→Windows Media Playerでのストリーミング

Adobe Flash Player

WindowsでもMacintoshでも、ユーザーのPC環境を選ばないので非常に多くのユーザーを提供対象とすることができます。
OS環境に頼らないので、幅広いユーザーがなにも設定しなくても閲覧することができます。
別ウィンドウが起動しないため、ブラウザに違和感なくとけ込み
デザイン性に富んだ見せ方にされたい方におすすめです。
ただし、エンコードや再生プレーヤーの作成に少し技術が必要になります。
「映像をホームページ上に自由なレイアウトで埋め込みたい」という方は
Adobe Flash Playerがおすすめです。
→Adobe Flash Playerでのストリーミング

サイトへのアクセス数はどのくらいかを検証します

ストリーミングを配信するサイトへのアクセス数がどのくらいかを検証します。

どのくらいのビットレート(帯域)で配信するのか

ストリーミング配信を行う場合、まず最初に決めるのは見せたい画面サイズをどのくらいの大きさにするかということです。
画面サイズが大きくなるほど、その映像の再現には多くのデータが必要になってきます。
画面サイズが小さいほど、データは少なくてすみます。
それぞれの画面サイズには最適なデータ量というものがあります。
→こちらのページに詳しく記載しています

コンテンツの量と再生時間の平均はどのくらいか?

ストリーミング配信するコンテンツのボリュームと再生時間の平均はどのくらいになるのかを検証します。
ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220