サポート情報

HOME > サポート情報 > 初級編〜ストリーミングサーバーとwebサーバーの違い

映像配信用レンタルサーバーAプラン公開中。1つのサーバープランでPC、スマートフォン双方に配信可能な最新のマルチデバイスプラン

ストリーミングサーバーとwebサーバーの違い

1番の違いは「時間軸の制御」ができるかどうか

「ストリーミング」とは音声や動画のファイルを受け取りながらリアルタイムで再生する技術で、「ストリーミングサーバー」とはストリーミング配信を行うサーバのことをいい、音声や動画などのマルチメディアファイルの配信を得意とします。

通常のwebサーバーとストリーミングサーバーの大きな違いは、「時間軸」の制御が可能であるかどうか、そのコンテンツファイルに最適な通信速度を選択できるか、コンテンツファイルを容易にダウンロードできるかどうかです。

ストリーミングサーバー

コンテンツデータを受信しながら再生が可能。
そのコンテンツの再生に必要なデータ速度でしか通信しない為、帯域に無駄がない。右クリックでは保存出来ないし、PCのキャッシュに残りません。

ストリーミングサーバーの特徴

webサーバー

すべてのデータのDLが完了しないと早送り巻き戻しなどの制御ができません。
出せるだけの速度でダウンロードさせようとするため帯域に無駄が生じ、
同時視聴者数が多くなると正常な配信ができなくなります。
右クリックで簡単に保存が可能。PCのキャッシュにも保管されてしまいます。

webサーバーで動画配信するデメリット

webサーバーで動画配信は不可能?

webサーバーでも動画配信をすることは「基本的には可能」です。
しかし、通常のwebサーバーを使用した場合、視聴者ユーザーの回線の違いによって対応を変えることができないため画質が落ちたり、途切れるなどの再生に影響がでます。
また、同時にコンテンツを見ることのできる人数はごく少人数に限られ、多くの視聴者に閲覧してもらいたいコンテンツの配信には向きません。
  ストリーミング
専用サーバー
WEBサーバー
再生時間 再生開始が早い 再生開始が遅い
ユーザーPCに動画ファイルは残る? 残らない
ファイルを再配布されたり、改ざんされる可能性が少ない。
DRMサービスを利用する事により、再配布や改ざんを完全に防ぐ事も可能です。
残る
再配布・改ざんの危険大。商用としてはおすすめできません。
ユーザー回線への対応 ○ユーザーの回線に対応
そのコンテンツに合った通信速度で、見たい部分のみの通信を行うため、無駄な通信を行いません。
マルチビットレートでコンテンツが作られている場合、サーバーがユーザーの接続通信環境に合わせた速度で動画を配信。
×対応していない
高品質な
コンテンツ配信
×
ライブ配信などの高度な機能 ×
同時アクセス数 ○大量アクセスにも対応 ×少人数向け
コンテンツ保護 ×
価格
ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220