DRMパッケージャー

煩雑なDRM暗号化を効率よく!

メディアイメージ社内業務用として開発しました暗号化支援ソフトを、一般向けにカスタマイズいたしました。
WindowsMedia形式のファイル(wmv・wma)を効率よく暗号化できます。
DRMプロファイルをインポート済みのWindowsMediaエンコーダ9と連携し、高速に暗号化が行えます。
1ファイルの暗号化を行う「シングルモード」とバッチ処理を行う「バッチモード」を用意。
バッチモードにより、大量のコンテンツを効率よく暗号化出来ます。
メディアイメージのDRMプロファイル利用時にはキーIDをサーバーから取得しログに出力できます。
どのファイルがどのキーIDで暗号化されたかが後からでも分かります。

 現在の最新バージョンは 1.00a です。
 2011/03/08 アルファ版(1.00a)を公開しました。
          改良点
          ・64ビットOSで動作可能。
          ・DRMインポート機能追加。
          ・バッチモード改良版追加。
          ・WindowsMediaエンコーダ9のインストール不要。
          ・暗号化済みファイルのキーIDのバッチ解析機能追加。

ダウンロードする

利用環境

ご利用前に必ずご利用規約をお読みください。
規約に同意いただいた場合のみダウンロード及びご利用いただくことができます。

  • WindowsXP / Vista / Windows7 ※全て32ビット
  • WindowsMediaエンコーダ9のインストール必須
  • .NET Framework 3.5のインストール必須 >>入手はこちらから
  • インターネット接続環境
    キーIDの取得やバージョンチェック等にDRMサーバーと通信をします。
    通信を行うため、ウイルス検索ソフトなどにより警告が出る場合があります。
    その際は通信許可を与えて下さい。
  • 高速なストレージ環境
    ※元ソースの読み込み速度や、保存先の書き込み速度が低速の場合、 暗号化エラーが生じる可能性があります。
  •  起動コード ※DRMパッケージャーの起動の為には以下のコード入力が必要です。

             クライアントバージョンの起動コード   1234
     

インストール・アンインストール

  • インストール
    インストーラを設けておりません。そのまま展開してご利用下さい。
  • アンインストール
    展開した全てのファイルを削除するだけです。

使用方法

1元ソース
右の参照ボタンを押し、暗号化したいファイルを選びます。
2保存先
右の参照ボタンを押し、保存する場所とファイル名を入力します。
3DRMプロファイル
ドロップダウンで使用したいDRMプロファイルを指定します。
※WindowsMediaエンコーダ9にインポート済みのDRMプロファイルが選択可能です。
「DRMプロファイル更新」ボタンは当ソフトを立ち上げたままエンコーダにプロファイルをインポートした時に、DRMプロファイルを再読み込みします。
4キーID
暗号化する時に使用するキーIDを入力します。
以前に使用したキーIDを入力する事が出来ます。
当社発行のDRMプロファイルを使用する場合、右の「サーバーからキーIDを取得」ボタンを押すと、DRMサーバーから新しいキーIDが取得出来ます。
未入力の場合、ランダムなキーIDが使用されます。
以前に使用したキーIDを入力する場合、そのDRMプロファイルで作成されたキーIDを使用して下さい。
異なるDRMプロファイルで作成されたキーIDを使用すると、無効なライセンスが発行される場合があります。
キーIDに関してはコチラを参考にして下さい。
→キーID について
5暗号化開始ボタン
暗号化を開始するボタンです。
6処理ログ
処理された内容が表示されていきます。この内容はlogフォルダにも記録されていきます。

パッチード使用方法

1元ソース
右の参照ボタンを押し、暗号化したいファイルを選びます。
2保存先
右の参照ボタンを押し、保存する場所とファイル名を入力します。
3DRMプロファイル
ドロップダウンで使用したいDRMプロファイルを指定します。
※WindowsMediaエンコーダ9にインポート済みのDRMプロファイルが選択可能です。
「DRMプロファイル更新」ボタンは当ソフトを立ち上げたままエンコーダにプロファイルをインポートした時に、DRMプロファイルを再読み込みします。
4キーID生成方法
キーIDの生成方法を選択します。
・コンテンツ毎にランダムなキーIDを使用する。キーIDはサーバーから取得してログに記載する。
※当社DRMプロファイルのみ。
・コンテンツ毎にランダムなキーIDを使用する。キーIDはサーバーから取得せずログに出力もしない。
・全てのコンテンツのキーIDを同じにする。
5キーID
キーIDを入力します。
キーID生成方法が「全てのコンテンツのキーIDを同じにする」の場合のみ入力が可能。
当社DRMプロファイルを使用する場合、右の「サーバーからキーIDを取得」でキーIDの取得が可能。
以前に使用したキーIDを入力して使用することも可能。
以前に使用したキーIDを入力する場合、そのDRMプロファイルで作成されたキーIDを使用して下さい。
異なるDRMプロファイルで作成されたキーIDを使用すると、無効なライセンスが発行される場合があります。
キーIDに関してはこちらを参考にして下さい。
→キーID について
6暗号化開始ボタン
暗号化を開始するボタンです。
6処理ログ
処理された内容が表示されていきます。この内容はlogフォルダにも記録されていきます。

インフォメーション

現在判明している不具合

2015/08/06 現在、発生している不具合はありません。

バージョンアップ履歴

2015/08/06 Ver.1.00a
64ビットOSで動作可能になりました。
DRMインポート機能を追加しました。
バッチモード改良版を追加しました。
WindowsMediaエンコーダ9のインストールが不要になりました。
暗号化済みファイルのキーIDのバッチ解析機能を追加しました。
2009/09/03 Ver.0.88b
当社ホームページリニューアルに伴い、ソフト内のURL記述の変更を行いました。
バッチ暗号化時に暗号化されたファイル名とキーIDが、
CSVでlogフォルダに出力されるようになりました。
※キーIDをDRMサーバーから取得しない場合、ちょっと文字化け。
2009/03/02 Ver.0.87b
DRMコンテンツ解析モードが追加されました。
暗号化済みコンテンツのキーIDなどを調べる事が可能です。
2009/02/16 Ver.0.86b(一般公開開始)
起動時にバージョンチェックを行う機能を追加。
メニューの終了より、強制終了を行えるようにしました。
特定の条件化にて進行状況の表示に不具合があったのを修正。
2009/02/03 Ver.0.85b
自分でパッケージPROに対応しました。
フリーDRMの200シリーズに対応しました。
その他、特定の条件化で起きる不具合を修正しました。
2008 Ver.0.85bよりユーザーを限定したベータテスト開始
自分でパッケージPROに対応しました。
フリーDRMの200シリーズに対応しました。
その他、特定の条件化で起きる不具合を修正しました。
2007〜 社内使用目的での暗号化支援ツールを立案し、開発開始
Ver.0.54aにて主とした機能(シングル・バッチ)が完成。

開発中の機能

2009〜 暗号化ファイル名とキーIDのCSV出力機能。
他社製DRMプロファイルでキーID出力を可能にするモードとモジュールの提供。
ホームページからお申し込みの場合 お申し込みはこちらからお電話でお問い合わせの場合 TEL.088-677-5220